サラ金にはどんな意味があるのか

個人消費者を対象にお金の貸し付けを行うことをサラリーマン金融といい、略してサラ金と呼ばれています。サラリーマンが利用することが多かったため、サラリーマン金融という名が付きました。その後、女性の利用者やフリーランスの利用者なども増えたので、消費者金融と呼ばれることが多くなっています。サラ金とは、貸金業者を意味している場合もあります。お金を借りる事ができる金融機関には、サラ金以外にも銀行があります。サラ金も銀行も融資を行うことは同じですが、適用される法律は異なっています。サラ金には、貸金業法が適用されます。銀行には、銀行法が適用されます。住宅を購入する際に住宅ローンを利用して、銀行からお金を借りているという人も多いのではないでしょうか。ローンを組んでお金を金融機関から借りる場合には、一般的に担保が必要です。もし、返済が滞ったり、返済することが困難な状況になれば担保は差し押さえられてしまうこともあります。また、ローンを組む際に、保証人が必要なこともあります。

それから、審査基準も厳しく設定されているため、ローンを利用したいと思っても審査に落ちて利用することができない場合もあります。サラ金は銀行などの融資に比べると、比較的簡単にお金を借りることができるという特徴があります。審査はありますが、銀行ほど厳しい審査基準が設定されているわけではありません。また、申請してから審査結果が出るまでの期間が短いという特徴もあります。ただ、担保を必要としない分だけ、金利は高めに設定されています。サラ金からお金を借りる場合の上限金利は、100万円未満なら年率で18%、100万円以上なら15%になっているのが一般的です。以前はグレーゾーン金利などの問題がありましたが、現在では貸金業法等が改正されています。年率20%を超える契約を結んだ場合には、刑事罰の対象になります。取り立てなどの際にも、あまりに悪質な取り立ては処分の対象になります。