サラ金とは?消費者金融との違いは?

サラ金とは、現在の消費者金融のことですが、昔と比べるとかなり特徴が異なっています。サラ金とは、昔の消費者金融のことですが、現在と比べると金利はかなり高めでした。利息制限法では20%が上限金利となっていますが、出資法の上限は29.2%だったので、サラ金では29.2%という金利が設定されていたことが多かったようです。利息制限法に違反することは違法ですが、罰則規定がなかったため、ほとんどのサラ金ではグレーゾーン金利がとられていました。また、強引な取立ても行われていたようです。現在は貸金業法などの法律が改正されたので、強引な取立てはなくなり、金利も利息制限法を守ったものになっています。まとめると、昔のサラ金では29.2%という金利が設定されていたことが多かったのに対して、現在の消費者金融では最高金利は18.0%となっていることが多く、法律がしっかりと守られています。

しかし、金利が低くなったことや、法律が厳しくなったことは、メリットばかりではありません。昔はブラックリストに載っている人でも借りられる中小規模の消費者金融はたくさん存在しましたが、現在ではお金を貸す側のリスクも上がっているため、ブラックリストに載っている人が借りられるような貸金業者はかなり減っています。10万円を借りるために2万円程度の保証金を支払うといったことも、現在では法律によって禁止されていますが、昔はこの方法でブラックリストに載っている人でもお金が借りられるということがあったので、保証金を支払っても良いからお金を貸してほしいという人にとってはデメリットであると感じられるかもしれません。現在は法律が厳しくなっているので、消費者金融で借りる場合でも良心的な金利で借りることができますが、利用者の側もしっかりとルールを守ってお金を借りることが重要になってきています。無理のない金額を借りるようにして、支払いの延滞には気をつけておきましょう。